2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 第032回 注意の話 | トップページ | 第034回 去勢の話 »

2010年7月16日 (金)

第033回 統合失調症の話

33回目の配信テーマは「統合失調症」
統合失調症とは?
マスコミなどで語られる症状とは別の側面。
早期発見早期介入が必要?

http://rickson-cast.info/tamedo/tamedo033.mp3

音源再生はこちらから

精神医学総合研究所
http://www.prit.go.jp/

プロ・ボディーガード ためになるけど、ど~でも良い話。


語り手 ヒクさんこと、株式会社VIA所属
 プロ・ボディーガード 栗林氏

twitter : http://twitter.com/sabaki1


聞き手 ゴリさんこと、知ったかぶりの
 「衒い屋」桜木武士です。

こころのりんしょうa・la・carte Vol.29No.2〈特集〉統合失調症Bookこころのりんしょうa・la・carte Vol.29No.2〈特集〉統合失調症


販売元:星和書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン)Book精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン)


著者:適正診断・治療を追求する有志たち

販売元:シーニュ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


統合失調症 正しい理解と治療法 (健康ライブラリーイラスト版)Book統合失調症 正しい理解と治療法 (健康ライブラリーイラスト版)


販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


統合失調症―患者・家族を支えた実例集Book統合失調症―患者・家族を支えた実例集


著者:林 公一

販売元:保健同人社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 第032回 注意の話 | トップページ | 第034回 去勢の話 »

コメント

身内の疾病を自分の口で語れるひくさんの懐の深さを知りました。自分もそうだけど人に話したくないことって沢山あるります。逆に自分の中である程度納得して受け入れられた時に、初めて他人に自分の「弱い」部分も伝えて打ち明けられるというところでしょうか?次回の更新楽しみにしています

タイショーさん。書き込みありがとうございます。私の事を買いかぶりです(笑) 私は、立派な人間ではありませんが、立派な人間にはなりたいと希望は持っております。今回の件は、私がじかに体験して大変辛い思いをしたので、我々の職種が同じ立場で悩んでいる人達に少しでも、お役に立てればと思っています。これからも、宜しくお願いいたします。

こんにちはマリリンです。
マリーってよんで下さい。

いつもクリさんとゴリさんの話、楽しみにしています。

サイゼリヤの真イカとアンチョビのピザ、うまいです。
アンチョビの塩気が闘う男たちの体を癒してくれます。

先日、朝の満員電車での出来事です。
ものすごく混んでいたので、乗車時にどうでしても前の人を押す形になってしまいます。
その時、前にいた30代、サラリーマン、身長180は超えるであろう大男が、
私を睨み付けるのです。(眼光はセームシュルトみたいな感じ)

最初は気づかないフリをしていたのですが、
揺れて彼を押すたびにキッと振り返り睨み付けるのです。
この放送を聴いていたボクは、義憤といいますか、流石にちょっと頭にきまして
見上げる感じで(ちなみに身長160弱です)

『ああん?なんだこのヤロー』

と、口には出さず、心の中で威嚇しました。

すると彼は肘で私のアバラにエルボーを当ててきたのです!
素人には手を出すまいとしましたが、さすがに限界です。
真空蹴りを


続きます。


じゃあ、また!

マリーさん。書き込みありがとうございます。女性の名前ですが、プロファイリングするとズバリ男性ですね。(笑)満員電車の中にセームシュルトはかなりキツい状況でしたね。実際のセームシュルトも本当に大きく見上げてしまいました。お話しは引き続きみたいですが、満員電車の真空蹴りとは、かってのキックボクサー沢村忠さんの真空飛び膝蹴りの事でしょうか?公共の場所での真空飛び膝蹴りは大変リスクがある気がします。いずれにしても、続編よろしくお願いいたします。

クリさん、早速のご返信ありがとうございます!
僕が男だってわかりましたか?さすがですね。

それはそうと続きです。


その真空蹴り。
見たことはないけどその響きに憧れていて、
こうだと思う蹴りを見舞ってやろうと思ったけど、満員電車の中、足があがるはずもなく、
実際はアキレス腱が伸びた感じのつま先立ち状態でした。

足が駄目なら手がある。
山嵐を見舞ってやろうかと思い、ホンマンのスーツの襟元を掴みにいこうとすると、
腕も周りの乗客にガッチリ押さえ込まれていて動きませんでした。

これでは唾でもぺっぺっと飛ばすしかなく、どうするか悩んでいると、
乗客が乗り込んできて、ホンマンとの距離が開きました。

そして、


『今日は運が良かったな、今度会ったら覚悟をしておけ!』


と、内心呟いて許してあげました。


すると、別の乗客同士がウォークマンの音がうるさい、と喧嘩を始めました。


朝の京王線はいつもこんな殺伐とした感じなのでしょうか?

本題。


真イカとアンチョビのピザ、どう思われますか?


じゃあ、また!

マリーさん再びの書き込みありがとうございます。ポッドキャストでコメントに返事させていただきました。楽しみにしておいて下さい。今後も書き込みよろしくお願いいたします。ちなみに「戦わずして勝つ!」を実践された、マリーさんに拍手です。

本日、千駄ヶ谷の津田ホールにて、開催された精神研都民講座の講座を聞きにいきました。講師の先生は東京女子医大の石郷岡先生。大変わかりやすい内容で良かった。最後に先生が言われた言葉で、病気が問題!人が問題なのではない!という言葉に感銘を受けました。まずは、我々も知識を深めなくてはと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1367945/35768922

この記事へのトラックバック一覧です: 第033回 統合失調症の話:

« 第032回 注意の話 | トップページ | 第034回 去勢の話 »